MENU

手が入らない時は、無理をしない 天鳳日記④


麻雀を打っているとどうしても手が入らない時がある

 

配牌ボロボロ。相手から常に先手リーチや仕掛けが飛んでくる
こちらは常に後手

 

フリー雀荘なら、降りてツモられて祝儀負けするだけのクソゲーになるかもしれない

 

しかし天鳳は違うのだ。
天鳳ではこういう手が入らないときにどうしのぐかが、腕の見せ所である

 

まずとにかく振り込まないこと。
無理やり押さない。序盤から遠い仕掛けをしない。

 

他家が切っている牌を残して、それを軸にターツを作っていく
そして終盤までもつれ込んだら、安全な牌を切りながらケイテンへGO!
ノーリスクでの加点を目指す

 

そんなわけで、南3局。

ここまでノー和了、ノー放銃だがケイテン収入もあって、いい位置に着けた

f:id:lazyandshortest:20200620211049j:plain


で、ようやく良いテンパイが入った

 

ラス目は飛び寸でリーチも打てない
そしてこの早い巡目での1000点。

 

これを対面以外からあがって、
次局、俺が運のみ6000オールを引けば一気に棚ぼたトップ
そうでなくてもラス回避。

 

手が入らなくてもこういう展開を意識して作り上げれば天鳳では安定した勝ち組になれるのだ

f:id:lazyandshortest:20200620211135j:plain

あ、あれ? これもあがれないのか。


ま、まあいいや仕切り直しってことでf:id:lazyandshortest:20200620211151j:plain

なんやかんやあって、南3局  3本場
あの1000点もあがれないし、それ以降も全く手が入らない。
対面を飛ばさないように打っているのではなく、単純に手が入らない。

 

今局もクソ配牌まあいいでしょう。もういいよ対面のトビで、俺は3着終了で

 

f:id:lazyandshortest:20200620211222j:plain


あーラス目がツモったか。
まあラス目は、リーチもかけられなかったし、どうせ500 1000 とかでしょ。

 

f:id:lazyandshortest:20200620211250j:plain

 

はああああああああああああああああ???????????

 

f:id:lazyandshortest:20200620211413j:plain

 

引退します