MENU

イメージトレーニングで脳科学的にやる気を出す

なんかやる気が出ない・・・そんなあなたにイメージトレーニング

 

イメトレですか?なんか古いというか、今風じゃない気がしますけどね

 

このイメトレ法を使えば、脳が100%活性化されて、年収が3倍に!

 

それ、Vtuber風の男がいう広告じゃないですか・・・

 

www.lazyandshortest.com

 

 

成功体験を思い出すとドーパミンが分泌される

ドーパミンは神経伝達物質の一種で、人を陽気にさせたり、やる気を出させたりする働きがある

 

喜びや快楽の元でもあるみたいです

 

例えば、腹ペコの状態で食事をすると、一口目はドーパミンがブワーっと脳内に出る

 

ソシャゲで課金してガチャを回して、出るか・・・?出るか・・・?ってやってるときもドーパミンが出ます

 

そしてドーパミンを受け取った記憶は、脳がきっちり記憶しているので、同じような現象が起こりそうなときは、実際にそれが目の前になくてもドーパミンを放出する

 

「焼肉が美味しいと知った後は、焼肉を想像するだけで涎が出る」とかそんな感じですね

 

未来の報酬に期待してやる気を出す機能が人間にはある。これを意識的に使うのだ

 

スポーツ的なイメージトレーニングとは違って、やる気を出すためのイメトレってわけですね

 

イケメンプロ雀士佐々木寿人の「休日にやること」

佐々木寿人というプロ雀士を知っているだろうか

 

フリー雀荘で1000万貯めた男として、鮮烈にデビューしたイケメン雀士です

 

彼の持ち味は、鉄のメンタル。不調でも打ち方を崩さないし、常に脳は集中モード。打牌速度は誰よりも速い

 

豆腐メンタルで、不調になるとあっさり降段し、
ながら打ちしてるからミスも多く、打牌速度も遅いニーさんとは真逆ですね

 

Mリーグにも出た超人気トッププロである佐々木寿人は、休日に何をしているのか。
なんと「自分の勝った対局を見てる」というのだ

 

Mリーグ名鑑という本に載っていました

 

一見、佐々木寿人が超ナルシストなだけのように思えるかもしれない。
がしかしそうではない。自分の勝った対局を繰り返し見ることで、ドーパミンを放出し脳を活性化させていたのだ

 

技術も大事ですけど本番で集中できるのは非常に大事ですからね。

 

天鳳で、負け試合だけ振り返る人も多いと思うが、
メンタル的には逆効果になってしまいかねないので、勝った時の牌譜もちゃんと見ることをオススメする

 

なんか麻雀の話ばかりになってしまったので先に進みましょう

 

成功体験がない場合

実際イメトレってどうやんのって話だが、例えばブログの場合、良く書けた自分の記事を再度読むとか

 

ニーさんもブログが書けなくなった時に、時々当ブログの過去記事読んでます

 

勉強だったら、いい点数を取ってクラスメイトに「おお~」と一目置かれている時を想像するとか

 

勉強に頑張れた理由は大体それでした

 

でもそんな成功体験、自分にはないよ!って分野もあると思う

 

そうですね。全部イメトレでどうにかなればいいんですけどね

 

そこでお勧めしたいのが、他の人になりきるというものだ

 

どういうことですか?

 

自分に成功体験がないなら、成功している他の人になりきって成功体験をイメージしてドーパミンを出すのだ

 

そ、それはちょっと、、レベルが高そうな行為ですね・・・

 

「フリー雀荘で1000万貯める!」って俺が何度も当ブログで言ってるのは、
俺が佐々木寿人になりきってドーパミンを出しているからだ

 

いや、全然なりきれてないですよ。鏡を見てください。

 

ドーパミンがしぼんだ

 

ただ、誰かになりきるというのはいいかもしれませんね。
何かの真似をすること自体にもドーパミンが出たりするらしいですし

 

なりたい人が3次元にいなければ、2次元キャラの真似をするのもいいだろう

 

漫画家になりたいので新妻エイジになりきって音楽をガンガンかけて漫画書くとか

 

俺は麻雀打つとき、リスキーエッジの吉岡になりきってから打つことにしてる。
「勝負の後は何も喉を通らないんだ」とか言ってる

 

最近なんかぶつぶつ言ってるなと思ったら、そんなことしてたんですね・・・

 

しかしこのイメトレの効果もあって、天鳳は絶好調! 
5段降段寸前から、1400pt増やして昇段まであと600ptというところまで盛り返した

 

よかったですね

 

イメトレのおかげで、当ブログの収入も3倍に!

 

それは幻想です