MENU

不労所得に不動産投資がおすすめできない3つの理由

不動産投資は絶対失敗する  というわけでもないが、
不労所得が欲しくて不動産を持つのはあまりお勧めしない

不動産投資をすれば、毎月ほとんど何もしないで賃料が入ってきてウハウハ
・・・という夢をぶち壊す3つの理由を紹介する

「不労所得、不動産投資、おすすめ」とかで検索してきた人は、がっかりするでしょうね

勉強すべきことが多い

物件はいつまで保有するのか? どの程度利回りを確保すればいいのか。
人口減少、家余りの時代と言われているが、問題ないのか?

考えておくべきことは色々ありますね

10年前では信じられないくらい中古一戸建ては売りに出されているし、
賃貸より中古一戸建てを買って住んだほうが安いと考える人はこれから増えるだろう

空室率的には問題ないという意見も多いですが・・・

そりゃ不動産投資したい、もしくはしている人に向けて
「人口減少しているから不動産投資するのはやめたほうがいいですよ 」
なんていうわけない。いうメリットがない

もしいうなら、「人口減少してるから管理会社に委託しましょう」とか、
「家賃保証会社に申し込みましょう」みたいに誘導する

まあ現時点で問題なくても、賃貸物件持っても
その後常に需要と供給に目を向けなければならないのは面倒そうです

金がかかる 想定外の出費が多い

人口が減少しなさそうな都内は、物件の価格が高い。
一棟アパート持つなら億。一戸建てで1000万、区分マンションでも500万

田舎なら500万で十分な一戸建てが買えますね。
まあ需要あるのかどうかの調査が必要ではありますが

一般人が1000万円の貯金を作るのはかなり大変だ。
しかも最初の不動産投資で躓く可能性も高い。無駄にはできない虎の子の1000万。
本当に1つの物件に費やしていいのか?よく考えたほうがいい

仮にニーさんが1000万手に入れたらどうするんですか?

楽天証券で投資信託に変えて、楽天スーパーポイントで生活する

志が低すぎます

また、想定外の出費も多い。価
格が400万円で、利回りが10%ほどの物件を買うとしよう。いくら貯金すべき?

400万円貯金すればいいんじゃないんですか?

物件にもよるが、物件価格+300万は最低でも用意しておきたい

700万も用意しなきゃいけないんですね

不動産取得時に、税金やら手数料やらで結構取られるし、
物件自体リフォームが全く必要ないなんてことはなく
100万円くらいはかかると思っていい。

風呂場のリフォームが必要だったりするとそれだけで100万円くらいかかるみたいです

また借主が見つけるために、
仲介業者に渡すべきものは、仲介手数料だけではない。
広告料として賃料1か月分が普通、猛烈プッシュしてほしいなら2か月分あげたりする

自分で借主見つけるのは大変ですもんね

そして借主が退去した後も大体クリーニングなりリフォームが必要だ。

全部を想定するのは大変ですね

かといって、想定外の出費だからと言ってリフォームを怠ったり、
仲介業者への報酬をけちると、よほど需要のある物件じゃない限り借り手がつかなくなってしまう

金に余裕がない状態で物件を買っても不労所得にならない

結局のところ不動産投資は、「金持ちのための投資方法」だということだ

不動産投資についてたくさん勉強する必要があるのも、
度重なる出費に悩まされるのも、借り手がつくかで夜が眠れなくなるのも、
全部金に余裕がない状態で不動産投資を始めたからだ

庶民に厳しい不動産投資ってわけですね

 

なぜ不動産投資をしようと思ったのか。今一度明確にしてほしい。

不労所得がほしいからです

他には?

えっ? えっと 大家さんになって、弱い立場の借主から
敷金礼金更新料をぶんどる立場になって偉そうにしていたい!

他には?

いろんな物件に自分の名前をつけて、ほらあの土地も○○さんの土地なのよみたいな風にささやかれたい!!!

500万で都内のワンルームの一室をローンで購入して、
不動産業者に頭を下げてはリフォーム代をDIYでけちり、
入居者が入らなくて敷金礼金ゼロにして、クリーニング代をとるという形で契約内容をごまかして、
それでも入居者決まらなくて、家賃を下げて、
しぶしぶ仲介会社に2か月分の報酬払って、
ようやく入居決まったと思ったら半年で出ていかれて泣くなんて人生は

まっぴらごめんですね

「少額で」「誰でもできて」「楽」な不動産投資なんてないんだぜという話でした

来世で大地主の子供に生まれることを願いましょう