MENU

なぜ考えることをやめて、勉強した気になってしまうのか

勉強しても勝てないとかwwww

お前らが勝てない理由は、セオリーを盲信しすぎてるからでーすwwww

GTOを丸暗記とか、ポーカーの本質からずれてるのよ。ポーカーの本質は、チップの奪い合い。

チップ収支が最大にする選択は何かを常に考えましょうねwwww自分のあ・た・まで

kihara-poker.hatenablog.com

有名ポーカープロの木原さんが上記のようなことを言っていた

いや、こんな下品なこと言ってないと思うんですけど

もちろん俺の曲解もあるかもしれない。
というかそもそも俺はポーカー詳しくないから木原さんの言ってることが完璧に理解できているとは思えない。別に木原プロの言ってることに反対なわけじゃない。
そこのところ了承よろしく

とりあえず、今日のテーマはなんなんですか?

 

木原さんの言ってることは、正しい。
しかし、なぜ人は考えることを放棄してしまうのだろうか。
それは木原さんのようなトッププロが語るにはふさわしくない内容だろう。

そこで、なぜ考えることを放棄しちゃうのかということについて、凡人を代表して解説していこうと思う

もっともらしくいってますが、結局のところ愚痴ですよね「木原プロは簡単に言うけど、考えるってことができねえんだよ!」って言いたいだけでしょう

ポーカーも麻雀も正解がわからない

ポーカーであれば、フォールドやレイズなどのアクション。麻雀であれば何を切るか。何を鳴くか

人生であれば、働くか、大学進学するか

それは大学にもいかずにニートが正解

不正解!圧倒的不正解です!

ポーカーなどのアクションを決める際、
どんなアクションが得なのかって、考えてもよくわからないよな?

まあ木原プロをはじめ、強者はわかるみたいですけどね

さっきの木原さんの記事で出ていたポーカーの例だと

(テキサスホールデムっていうポーカー  場の5枚のカードと二枚の自分のカードで役を作る)

自分 78♠♠

相手が持っているハンド 不明  わりと何でもある 

フロップK♠T♡5♦

さて、どうする? ブラフベットする? 降りる?

※ポーカーがあまりわからない人用にすこし、改変してます

普通に戦って、自分が勝つ可能性は低そうだということはさすがに、誰でもわかる

現状ブタですし、勝つとしたら、残りの二枚でストレートやフラッシュが完成する必要があります
しかし、必要なカードを二枚連続で引かなければならないので、勝つのは難しいですね

じゃあ、ブラフしたほうがいいのだろうか。
それとも、おとなしくチェックフォールドしてポットをあきらめたほうがいいのだろうか

相手のカードが見えれば簡単なんですけどね

そうだな。相手がすでに5♡5♧ (スリーカード)とかを持っているなら、
どうせ相手はオリないのでチェックフォールドが正解だし、
相手も同じくブタだけど、Qハイとかであれば、ブラフしたほうがいい

でもどのカードを持っているのかわからないので、
ベットしたらどのハンドをおろせるか。
コールされたらどのハンドが残っているか?
その後のアクションはどうするべきかってのを考える必要があるんですよね

それが難しいんだよなってのが、今回のお話

 

木原さんはこれまでの努力と経験もあって、少し考えればどのアクションが得そうかはわかるんだろうけど、
凡人からしたら、考えてもよくわからない状態になる

なんでどっちが得かが、わからないんですか?

さっきも少し話したが、ポーカーが不確定情報ゲームだからだ。
20%とか80%の高確率の事象ならまだしも、
20%と30%と35%と15%の比較とかだと
本当に正解だったのか後から計算しない限りわからない

じゃあ計算すればいいじゃないですか

仮に計算して、さっきの状況で最適なアクションが、
ポットの5割をブラフベットすることだったとしよう。
似たようなシチュエーションが来たとしても、
今度は別の要素で正解が変わっているかもしれない

どういうことですか?

例えば相手がブラフにもなかなか降りないプレイヤーだったらどうか

おろせるハンドが少なくなるなら、ブラフは控えめに、
打つとしてもベットサイズは大きめにしたほうがいいですね

でもどの程度控えめに、どの程度ベットサイズを大きくすればいいんだ? また計算するのか?  実践で正解がわかるのようになるのはいつなんだ?

うーん。この凡人

というわけで、考えてもわかんねえし、おまけに勝てない。 
正解かどうかわからない選択肢を選んで、10回くらい大きくチップを減らしたら、
自分の判断は何かが間違っているんじゃないかと思うだろう。
自分を信じられないまま、自分の頭で考えるというのはとてもつらい

10回程度負けたり裏目を引くことは十分確率としてあり得るので、気にするなというのは、すでに長期的に勝てると確信している強者の考え方ですよね

そこで、凡人は考えるのをやめ、セオリーの出番。
すでに結果を出している人のやっているツールを使えば、勝てるんじゃないかと思ってしまう

最初からちゃんと考えて結局負けるのと、
よくわからないセオリーに従って勝つのとだったら、セオリーに従いたくなるのもわかりますが

木原さんは、それでも考えて考えて、正解が少しづつでも分かるようになれっていってるんだろうけど、それってすごく大変だ。
本当にそれで強くなれるのか? それすらも信じられなくて、手っ取り早く強くなれそうなGTO戦略の丸暗記に走るんだと思う。
麻雀でいうと、現代麻雀技術論を丸暗記する人みたいな

ニーさんも現代麻雀技術論を丸暗記してましたけどね

まあさんざん愚痴ったけど、麻雀で俺が勝てないのはまさしくこれだと思ったよ。  でもやっぱり考えても、どう打ったら段位ptが稼げるのかよくわからないんだよなあ。

そしてよくわからないまま打ち、昨日7段に後段するという

はあ麻雀AI作って、最強の打ち方みたいなのが見つかればいいのに

見つかったら実力差がなくなるのでは?

そしたら最強の打ち方なんて知らないおじさんたちと、雀荘で打ちまくってがっぽり

トッププロと凡人とではこうも、意識に差が出るものなんですね