MENU

【麻雀】2シャンテン以上の手順考察

 

epsilon69399.blog20.fc2.com

 

 

nisiさんっていう麻雀研究家がいてさ、その最新記事を見てたんだけどある一文が目に留まった。

 ・二向聴以上に遠い手・一向聴からのシャンテン戻しは禁止する方向(牌姿によっては、計算時間が長くなって、メモリをバカ食いする可能性があって、ユーザーの環境次第で、動作が保証できないため。)

麻雀AIについての話ですね。2シャンテン以上の遠い手はAIでは計算が難しいと言ってます

たしかにnisiさんのTwitterで投稿している何切る問題を見ても、2シャンテン以上の問題ってないなーと思っていた

1シャンテン時の何切るよりも、
遠くて安い時の鳴き基準とか、そういうのを知りたいって言ってましたね

そうなんだよな。難しいのかなと思っていたが、やっぱり難しいようだ

遠い手だと和了率やら放銃率の推定が難しそうに感じますね

2シャンテン以上の手順考察

てことはさ、やっぱり遠い手でいかに最善の選択をするかって、まだまだ人間が答えを出さないといけない部分なわけだ

テンパイ時の押し引きや手組はAIの方が細かく正解を出せそうですが、2シャンテン以上はブラックボックスですね

そんなわけで、2シャンテン以上の手組について考えてみた。状況は平場
ずばり速度を多少落としても打点に寄せていく手組が最善になりやすいんじゃないかと思う

なんででしょうか?

1シャンテンやテンパイでの何切るでは、速度がそれほど落ちない場合、打点が高いように切ることが正解になることが多かった。

ちょっと前までは打点より速度って感じでしたけど、今はだいぶ打点寄りになりましたよね

 また1シャンテンでは、よりよいテンパイ(打点のあるテンパイ)になるような牌を切ることが正解になる。
ということは、2シャンテンの段階ではより良い1シャンテンになるような牌を切ることが正解になる。

そして、よりより2シャンテンになるように3シャンテンでは・・・となると、
全部のシャンテン数において、打点を優先とした手組が最善になりそうじゃないか?

まああまりに遠すぎると、打点を重視したら速度負けしちゃうってこともありそうですけど、

4シャンテンとか5シャンテンの時点で速度を多少意識しても、そこまで和了率は変わらないから、
それならチャンスは少なくても打点を2倍4倍にしていったほうがいいんじゃないかなと

Mリーグでも打点を高くする手組が注目されてましたしね。打点は正義なのかもしれません

天鳳の場合、東場で局収支主体で稼いで、南場でしゅっとまとめる。
と天鳳位しゅかつさんは言っていたが、大体そんな感じでいいのかもな。

東場は打点重視で、南場はスピード&安定性重視で手を進めるって感じですね

というわけでしばらく打点厨になるわ。
3900以上でないと鳴かない! 3900以上でないと鳴かない!

フリーに良くいる好形高打点オヤジにどんどん近づいてますね

 

※追記  上手くいった例

f:id:lazyandshortest:20190323203540j:plain

南場だけどフラットすぎるので、打点追求。5sドラなので、しかけて3900狙い

f:id:lazyandshortest:20190323203557j:plain

2pチーして、テンパイ・・・ 

 

f:id:lazyandshortest:20190323203610j:plain

・・・なわけあるかー! 2000点のテンパイ取らず

 

f:id:lazyandshortest:20190323203626j:plain

上振れテンパイ

 

f:id:lazyandshortest:20190323203640j:plain

上振れ高めロン。麻雀楽しい