MENU

雀荘メンバーが勝ちすぎた時

目次

バカヅキしました

この前雀荘で働いてた時、3人麻雀を打った。

1チップ200円で、ラスだと-3kくらいのレートです

1月は不調の月で、-10kを飛ばすことも多かったのだが、その日は運が爆発して、30k勝ってしまった

一気に取り戻せたので、よかったのではないでしょうか

 

勝ちすぎた時の気まずさ

しかしながら、ずっと俺のツキっぱなしだったので、逆にお客さんは不運が続いた。

まあ誰かが勝っているとき、誰かは負けてますからね

そのお客さんは、その日70kほど負けた。

そこまで高レートではないんですけどね…ツイてなかったんですね

最後は俺が、36000点の6枚をお客さんから和了して、トばし終了だったのだが、
その時の支払いは6枚の祝儀合わせて4.6kだった

なんて空気の読めない和了でしょうか

その際、お客さんは財布に3200円分しか残っていなかったので、
足りない分をATMで引き出してもらうことに…

うわあ……

本当に精神的にきつかった。
お客さんにかける言葉なんて思いつかず、
ただただ、お疲れさまでしたと神妙な面持ちで言うしかなかった

フラフラした様子で、お客様は帰っていきました

 

プラマイゼロくらいがちょうどいい

もちろん麻雀は勝てるときに勝っておかないと、
トータルでマイナスになってしまうので、手加減はできない。
70000点持ちのトップ目から親の四暗刻ツモって、2人飛ばししたこともあった

そりゃお客さんも萎えますよ

大勝ちした次の日は、ほぼプラマイゼロの成績だったのだが、
こちらのほうが全然気楽だった

お給料はもらえて、お客さんの懐もそこまで傷めない。
いつもこうだったらいいんですけどね

そんなわけで、雀荘メンバーは勝ちすぎた時、精神的につらいということを発見した。
もし雀荘メンバーをやってみようかなと思う人は、
勝ちすぎた時に神妙な面持ちになれるよう、訓練しておくとよいだろう

決してホクホク顔になってはいけません

ちなみに今は、ホクホク顔で
「勝ちすぎて辛いわー」ブログを書いている

今までの内容は何だったんですか!?

 

Eメールタイプ Amazonギフト券

lazyandshortest.hatenablog.com

lazyandshortest.hatenablog.com