MENU

フリーターとニートの間

バイトしてると友人に言ったら、もうお前「にーと」じゃないじゃんww

みたいな至極当然な反応をされた。

 

自分でもさすがにニートではないよなあと思いつつ、今まで、まあひらがなでにーとだから、いいかみたいな感じでお茶を濁してきた。

 

なんでお茶を濁してたかというと、「フリーター」と名乗ることに違和感があったから。

 

週3の労働は思ってたよりつらくない。

朝早くからランドセル背負って、今日の給食何かなーってやってる小学生の方がよっぽど大変。

 

なので、あんまり世間で言われているようなフリーターって感じがしない。週5で働いてます!とか、ダブルワークしてます!とかならフリーターって感じがするが。

 

しかし、ニートではないことも確かなので、なんかフリーターとニートの中間みたいな言葉はないんだろうかと調べてみると、俗語だがちゃんとあった。

 

「フニーター」というらしい

以下引用

 

フリーターとニートの中間を意味する言葉。働いているフリーターと働いていないニートという相反する意味の合成語なので定義があいまいだが【最低限の労働しかしていないフリーター】というのが有力説。

 フニーター|若者言葉辞典~あなたはわかりますか?~

 

まさしくこれ。一生懸命働いているというより、最低限働くイメージ

 

あんまり語呂は良くないけど。

 

ブログ名をフニーターの効率化にするか悩む