MENU

飲み会で飲まされたくない人は、酒強いの?って聞かれたときに自分酒弱いっすって答えたほうがいい

自分は飲み会経験が豊富な方ではない。自分で酒を飲むこともないし、好きでもない

なので、「にーと君は酒強いの?」って聞かれた時には素直に「そんなに飲んだことないんで分からないです」と答えていた。

 

ただ、最近「自分、酒弱いです」っていったほうがいいんじゃないか?と思うようになった。

 

 

酒強いか分からない→じゃあ限界を知るためにも飲んでみよう

酒飲み派の謎理論。

なぜ限界を知っておかなければならんのか。

僕はこれから先、限界まで飲むつもりはないし、酔っぱらうつもりもない。

しかしそういう志は、酒飲み派とあまりにすれ違いすぎてなかなか伝わらない

 

「自分、酒弱いっす」

いやあ、結構すぐ酔っちゃう方で~

この前の飲み会でもひどかったんで、できるだけ抑えるようにしてるんですよ~

 

アルハラアルハラ言われてるのもあって、さすがに飲めないという人に無理やり進める人は減ってきた。

つまるところ、飲みたくない人は意思表示が大事になってくる。飲めない。飲みたくないと

 

しかしながら、だいぶ飲まされたあたりから、「自分もう飲めないっす」と言っても、相手は急に「そうか。じゃあもう勧めないよ」なんて冷静になってくれるわけではないので、早め早めに伝えておくこと必要がある

 

そして「自分酒弱いっす」は最初の最初の意思表示になる。後々のもう飲めないっすの防衛線にもなる。

誰も泥酔者の介抱なんてしたくもないし、面倒なので、すぐに酔いつぶれる人に対して無理を強いらない

 

というわけで、自分の限界や、酔いの経験すらない人が、酒を勧められたくない時は、自分は酒が相当弱いほうだという設定にしておくといい。⁽嘘とも限らないし、別に酒が強い弱いに関して興味がないし⁾