MENU

静岡の雀荘に行ってみた結果

どうみても場末な雀荘。俺が負ける要素はない

近くに雀荘は無いんだが、自転車で30分くらいのところにはいくつか雀荘がある

 

坂が多い土地なので、自転車で30分はきついですね

 

しかし調べてみたところ、3人麻雀をやっているさびれた雀荘ということだったので、行ってみることにした

 

ホームページとかがない場末雀荘が、結構あるんですよね

 

場末雀荘ということは、相手は麻雀歴が長いだけのおっさんばかりのはずだ。
こちらは天鳳7段。3麻は純黒メンバー経験あり。俺が負ける要素はない

 

フラグを立てました

 

負けました

結果から言うと、3戦やって、13500ペリカ負けた

 

あれ?負ける要素はなかったんじゃないんですか?

 

かなりルールが特殊だったから、対応できなかった部分が大きい。

 

3麻は結構ルールが雀荘によって変わりがちです

 

リーチがめっちゃ弱いルール

今回やったサンマは、1000点とかマンガンとかじゃなくて、
1ハン=1点で計算するサンマだった

 

リーチツモタンヤオドラ1は、普通なら8000点もらえますが、
この3麻だと、4点オールで8点もらうことになります

 

例えば、静岡3麻でタンヤオドラ5を面前でテンパイしたとしよう

 

今回の3麻は、抜きドラが8枚、表ドラが4枚、赤ドラが4枚あるので大体、ドラが5つくらいは付きます

 

6点の手なわけだが、これをリーチすると7点になる

 

一発裏ドラを合計しても7.5点くらいの期待値でしょうね

 

リーチすると6点が7.5点になるわけなんだが、これって弱くね?

 

普通の麻雀だと、5200点のテンパイを、リーチして6500点くらいにするイメージですね。弱いですね

 

普通の麻雀なら、5200点はリーチするだけで8000点。 
一発裏ドラにチップもついてめっちゃお得!なわけだが、この特殊サンマはチップもないので、純粋にリーチは1.5点増えるだけだ

 

リーチすると後から持ってきた牌を全部切らないといけないので、
良計変化できた牌や、入れ替えられる赤やドラなどが来てしまうと、
1.5点程度の価値であるリーチは一気に損になってしまいます

 

このギャップに気が付かずに、俺はひたすらリーチをかけていた

 

逆におっさんはダマが多かったですね

 

普段のリーチの強いルールでは、おっさんたちがダマにする分、俺が得していた感じなんだが、
このルールだと俺がリーチした分おっさんたちが得をするルールだったわけだ

 

負けるのは必然だったわけですね

 

しかしルールの特徴さえつかめばこちらのもの。 
ネット麻雀で鍛えたこの私が、戦略を練ってきたので次からは負けないだろう

 

次回予告!「運が悪かっただけ」 お楽しみに!