MENU

朝起きれない人とスマホゲームの相性

朝なかなか起きれない人はスマホゲームをやるべし

 

朝からゲームですか・・・

 

なんか不満そうだな

 

朝って、一番頭がクリアな状態なわけじゃないですか。そういう時に頭使わないゲームってどうなんでしょう? 

 

もっと有意義なものに朝の時間を使ったほうがいいんじゃないですか?

 

有意義なものというが、俺の生活にそんなものあるか?

 

ほら、例えばブログを書くとか

 

妹氏が、当ブログを有意義なブログだと思っていてくれていたなんて・・・
お兄ちゃんちょっと感動しちゃうな

 

あ、やっぱり今のなしで

 

なぜ我々は起きれないのか

なぜ我々はすっきり目覚められず、二度寝してしまうのか。 
起きれないパターンは大きく分けて2パターンある

 

パターン①

 

体を起こせない

 

もうそれ重症なのでは?

 

いや、本当起こせないんだよ。目薬差して、上半身を持ち上げる。ここまではいい。

 

なんか全身の血液がスーッとどっかに言って、あーもうちょっと寝ようかなってなる

 

表現が雑過ぎてよくわかりませんが、とりあえずぼーっとするんですね

 

なので、出来れば30分くらい布団に入りながら何かをやれればいいわけだ

 

まあ30分も目を開けてればさすがに起きて活動する気になりますからね

 

パターン②

 

最近ニーさんは朝体を起こして、何だったら10分くらい室内をうろうろしてるのに、
その後布団に入ってがっつり二度寝しますよね

 

そうなんだ。最近そのパターンで気が付けば3時間二度寝しているなんてことも

 

人生無駄にし過ぎでは

 

パターン①を回避しても、頭がぼーっとしすぎてて、
眠りたい以外のことが考えられなくなってるんだ

 

体を起こしてちょっと運動すれば、その後は元気に活動できるという訳ではないんですね

 

スマホゲームの効能

じゃあスマホゲームはなぜ最強なのかというと、まず布団の中で出来ることだ

 

横になりながらできるのは素晴らしいです

 

そして適度に脳への刺激がある

 

プレイしている間にだんだんと脳が覚醒してきます

 

大体のゲームにはログインボーナスやら、スタミナなどがあると思う。
起きた時にそれらがあれば「とりあえず眠いけどゲームするか」という気分になれる

 

基本的に睡魔に勝てないニーさんですが、ゲームのスタミナはその睡魔を退けるくらいには強力なんですね

 

目覚めてから1秒で起動できる手軽さ、脳への刺激性、程よい強制力。
スマホゲームは3拍子揃った最強の目覚ましという訳だ

 

その3拍子を兼ねそろえている目覚ましって、あんまりないですよね

 

スマホで動画を見るとかは、「手軽さと刺激」はあるかもしれないが、「強制力」はないな

 

じゃあ、横に可愛い女の子がいたら

 

秒で起きること間違いないな

 

デブスがいたら

 

デブスをオチ要因に使うのやめて