MENU

寝起きのシステム化

朝起きれなくてヤバい

 

最近は起きるの昼12時とかになっちゃってますよね

 

一応朝7時には意識が回復するんだが、もうまぶたが重すぎて起きてられない。
つい二度寝しちゃう

 

12時まで寝るとさすがに寝すぎみたいで、体がだるいです

 

朝7時に起きれていた場合に比べて、毎日人生を5時間も損しているのは非常にまずい。

 

睡眠時間が足りてないってわけでもないので、もったいないですね

 

そこでだ。寝起き後の行動をシステム化すればいいのではないかと思いついた

 

どういうことなんでしょうか

 

なぜ二度寝してしまうのか

そもそもなぜ俺は二度寝してしまうのだろうか

 

最近朝寒いので、それが原因ですかね

 

まだ布団から出られないというほどではない。

 

布団から出る瞬間はものすごく寒い気がしますが、
起きてみるとそんなに寒くなかったりしますよね

 

じゃあなぜ起きれないのか。
それは起きた後の行動が明確に決まってないからだと思う

 

ほう

 

例えば起きてから10分後に家を出なければバイトに遅れてしまうという状況の場合、
起きたら何をする?

 

そりゃ、着替えたらさっさと部屋を出ますね。10分しかないならそれが一番でしょう

 

じゃあ、1時間後なら?

 

えーと、まあ歯磨きとか簡単な朝食も食べれるかもしれませんね。

 

まだバイトまで10時間ある状態なら?

 

えーっと何をしようかなあああ・・・何でもできるなあ・・・・Zzz

 

そういうことだ

 

なるほど。毎日何もする予定のないニートだからこそ、
睡眠時間が足りてても二度寝してしまうわけですね

 

脳は5秒で言い訳する

一説によると「脳は5秒経つと勝手に言い訳を考えてしまう」らしい

 

なので「思いついたら5秒後には行動しろ!」という5秒ルールというものが有名ですね

www.rahusuke.com

起きてから何をやろうかなーなんてぼんやり考えていたら、
すぐに脳は「まだ寝てていいんじゃない?」とささやいてくる

 

「寝るのは気持ちいいでしょ?」とか
「起きて辛い思いしても、別に人生変わらないし」などと言い訳のバリエーションも豊かです

 

そんな脳に言い訳をさせないために、起きたらまずはこれをやり、
次にこれ、次にこれを・・・・・・と全く考えなくても動けるようなシステム化が重要なのだ

 

起きてから30分間は何も考えずに行動できるのが理想ですね

 

ニート流 寝起きシステム

というわけで今俺が実践している寝起きシステムを紹介しておこう

 

昨日はシステムのおかげでちゃんと起きれました

 

まず起きたら目薬!

 

目薬ないとまぶたが重くて物理的にどうしようもないですからね

 

www.lazyandshortest.com

 

その後すぐに散歩!

 

でも寒くないですか?せめて上着くらいは着て散歩に出たほうが

 

上着くらい着ようかなーと布団で考えている隙に二度寝コースに入るので、
起きたままの状態で速やかに外に出るべき

 

雪でも台風でもとりあえず外に出ます

 

散歩は30分やってもいいし、10秒で帰宅してもいい

 

この辺はテキトーですね

 

その後すぐさまシャワー!

 

シャワーを浴びると体温が上がるので、手軽に脳が覚醒して便利です

 

シャワーまで浴びればもう大丈夫。あとは毎日のニート活動をこなしていきましょう

 

時間がない人は散歩を削って、起きたらすぐシャワーでもいいと思います。