MENU

女子に勉強を教えたいなら、まず志望校のレベルを落とせ

『ぼくたちは勉強ができない』や、『銀の匙』を見て深く思った

 

勉強できない女子に、勉強を教えたい人生だった・・・・・・

 

そんな安直な感想を、深くまじめな顔で述べないでください

f:id:lazyandshortest:20191010160054j:plain

※『ぼくたちは勉強ができない』第4話から転載    

 

俺の人生で、女子に勉強を教えたことなどほとんどない

 

塾講師という立場で教えたことはありますが、
上記の作品のように、同級生に教えるといった青春な思い出はありませんでした

 

そこで俺の人生を振り返ってみて、
「なぜ自分は、女子に勉強を教える機会がなかったのか」を考えてみた

 

人生を振り返った後30分くらい虚無感に駆られましたが、
何か結論は得られたのでしょうか

 

そもそも勉強し過ぎた

中学生の頃、俺は勉強ができた

 

女子のトップクラスには及ばないけど,男子の中では頭一つ抜けた学年一位という感じでした、

 

勉強ができるやつという認識もされていた

 

そうですね

 

しかし中学3年の春。俺はとんでもない失敗をしてしまったのだ

 

一体どんな失敗ですか

 

志望校をとんでもなく高くしてしまったのだ・・・!

 

どういうことですか

 

俺が入ったのは新宿高校という高校なのだが、模試では常にE判定だった

 

受験間近の1月の模試でさえ、E判定でした

 

しかも自工作成問題という、普通の共通試験とはレベルが格段に違う問題を出す高校だった

 

まあ新宿高校は自校作成校の中では格下な存在ではありましたが、
それでもにーさんには相当難しい問題ばかりでした

 

そんな高校を目指したせいで、
中1,2ときちんと勉強したにもかかわらず、3年でも必死に勉強する羽目になった

 

別にいいじゃないですか

 

良くないわい! いいか!
人に勉強を教えるってことは、自分の勉強には余裕が無いといけないんだ!

 「ねえニート君♪ この問題が分からないんだけど教えてくれる?💛」
という展開になっても、自分の勉強で手いっぱいだと
「悪いけど忙しいんだ(血涙)」とならざる負えなくなる

 

そ、そうですか

 

中3の俺は普通の問題を出す高校を志望校にしていれば、
今までの努力のおかげで余裕だったんだ! 
しかも多くの女子も一般問題をやるから一緒の問題だし勉強しようぜ!ってなるし! 何勉強してんだ中3の俺! バカやろう!!!

 

中3の自分もまさか10年後にここまで罵倒されてるとは思わないでしょうね・・・

 

レベルの高い学校に進学してしまった

志望校のレベルを上げると勉強に余裕がなくなって駄目という話はしたが、
そもそもレベルの高い学校に受かってしまうこと自体が大失敗なのだ

 

普通は「よく頑張った!」と合格した自分をほめたたえるところだと思いますが

 

大失敗の理由は入学した瞬間に分かる。 レベルの高い高校に、猛勉強の末ぎりぎり合格した俺を想像してみてくれ

 

はい

 

入った瞬間、その高校における俺の学力はどのくらいだと思う?

 

えーっと・・・下ですね

 

そうだ。平均ですらない。
中学のころはトップだった俺の頭も、レベルの高い高校では全く価値がない。 

 

でも頑張ればその高校でもトップになれるかもしれませんよ?

 

勉強ができない奴らが集まった中学と、
その中でトップクラスだった人たちがわんさかいる高校とでは
トップになるための努力量が全然違う。

 

なんだったら3年がっつり勉強しても追いつけないかもしれません

 

当然だが周りの女子も勉強できる子ばかり! 
俺が勉強を教える余地なんてまるでないのだ!

 

むしろ教えてもらうチャンスでは?

 

・・・・・・

 

・・・・・・?

 

ウソだろ・・・?その手があったか・・・? 何やってんだ高校の俺! 
おいやめろ。周りに追いつくために必死に勉強するんじゃない! 
今すぐ近くの女子に勉強を教えてもらえ!おい聞いてんのか!おいいいいいいい

 

なんていうか、ニーさんの人生って不器用というか

 

結論 

ということで結論だ

 

ガリ勉男子が女子に勉強を教えたいならどうすればいいんでしょうか

 

志望校のレベルを今すぐ落とすべきです!!!

 

酷い結論を見た

 

志望校のレベルを上げると、就活的にはプラスだが、青春的に大幅マイナスだ! 
青春は今しかない! 大人になったらかわいい女の子なんてほとんど出会えないぞ!!!

 

あれ、でもニーさんは青春を捨てて、高校大学と良いところに入ったのに、
就活せずに今はニート・・・ あれ?

 

・・・「僕たちは勉強ができない」のアニメをもう一周するか

 

ついに現実から目を背けてしまった