MENU

人生で初めて小説にハマった

今まで、どうも小説は熱中して読むことができなかった

 

学生の頃は結構ライトノベルとか読んでいたような気がしたんですけど

 

思えば学生時代、本を読めと強制されながら育ってきた

 

朝の読書週間とか、夏休みの読書感想文とか

 

授業の合間合間の10分休み時間など、
喋る友人もいない我々は本を読むことを強いられていた

 

そして休み時間に黙々と本を読むからさらに友達が出来なくなるという

 

本を読めと言われたから仕方なく我々は本を読んでいた。
なんとなく読み易そうなライトノベルなどを中心に

 

図書室に置いてあるラノベは当時は結構貴重でした

 

キノの旅とか

 

面白いですよね

 

でもキノの旅を凄く集中して読んでいたわけではなかった。
学校では本を読まないといけないから読んでいた部分があった

 

まあ学校でゲームやっていいと言われたらキノの旅は読んでなかったでしょうね

 

そして学生時代は終わり、社会人にもなり損ねた現在

 

なり損ねないでほしかった

 

本を読まなくてよくなった俺は、小説からズルズルと遠ざかっていった。

 

ニーさんは元々、小説とか好きじゃないんでしょうね

 

そうだな。なんか苦手なんだよな。
どうしても出だしが、興味のない部分から始まると読むのが嫌になってしまう

 

逆にニートになってからは、実用書を読む機会が多いですよね

 

実用書は、興味のある部分だけつまみ食いみたいに読んでもいいし、
興味のある情報はどんなに書き方が固くても、自分にとって面白いから読める

 

逆に言えば、興味あるようなこと100%で構成された小説とかがあれば、きっと面白いんでしょうね

インプットが大事というけど

俺は小説のようなものが書きたい。そのためには小説を読まないといけないとは思っている

 

でも小説は苦手

 

面白いと言われるものを片っ端から借りてみては、
3ページで挫折するということを繰り返していた

 

面白い小説は見つかりましたか?

 

見つかった。phaさんのブログでおススメされてた、
野崎まどの小説を読んでみたらめっちゃ面白かった

 

野崎まど・・・・・・あんまり聞いたことないですね

「小説家の作り方」(野崎まど著) を絶賛

「小説家の作り方」って本なんだけど、
出だしが小説家である主人公と編集者の打ちあわせのシーンから始まる

 

出だしはいい感じですね。小説家の打ち合わせというちょっと興味ある日常風景。
編集者との会話や、カレンダーに締め切りの日付を入れるなどの動きが入ったりと
頭の中で想像力が掻き立てられやすいように書かれてますね

 

そして主人公は売れないひよっこ作家。

 

おっ、この主人公が成長していく話なんですかね?

 

いや違う。この主人公に初めて女性からファンレターが届く。
内容は「小説を書きたいので、小説の書き方を教えてほしい

 

いきなり話がライトノベルっぽくなった

 

そしてファンレターの相手は超絶美少女

 

やっぱりライトノベルだ

 

20歳という若さにしてすでに小説を5万冊読んでおり

 

ぶっ飛んだキャラ設定は参考になりますね

 

しかし小説は一文字も書いたことがなく、
書こうとしても何をどうすればいいのかわからないという不器用さ

 

アニメ化決定でいいんじゃないでしょうか

 

そして売れない作家である主人公が、へんてこりんながら異様な才気を持つ美少女に小説の書き方を教えたり、
一緒にアイスクリーム食べたり、大学の学園祭に行ってイチャイチャしたりする

 

小説の書き方を教えなさいよ・・・・・・

 

アイスクリーム食べたりとか学園祭に行くのは
当初、茶番なのでは?と思ったのだが最後まで読むと全然茶番でなかった

 

「こんな小説あるんだ」と驚きましたね。
途中の茶番や伏線すらも全部面白く読ませたうえで、全部無駄なく話が構成されている感じで。

 

大変参考になった。ブログもこんな風に書けないもんかなと思っている

 

当ブログは茶番も無駄も多いですからね

 

熱中させる文章を書きたい

結局面白すぎて「小説家の作り方」は3時間で読めてしまったわけだが

 

小説を読むという行為にここまでハマれたのは初めてでしたね

 

読み終わったと同時にこういう文章書きてー!と思った

 

作中でも言ってますが、面白い文章を書くためには10万冊小説を読めばいいんですよ

 

なにその、天鳳位になりたければ10万試合打てばいいんですよみたいな理論

 

余計にわかりづらくなったと思いますが

 

まあでも熱中できる小説が見つかって本当に良かった。それまで俺は
「文章は駄目だ。やっぱり動画を作らないと俺が求めてる物は作れない」って思ってたから

 

文章は駄目だ!視覚的な要素が無いと・・・! 
そうだブログにアイコン入れたらいいんじゃね?みたいなノリで当ブログ始まりましたからね

 

でも文章のみでもここまで面白い話は作れるんだということが分かった。
ということで今後、当ブログは文章のみで勝負していきます!!!

 

じゃあ次の投稿はバズ間違いなしの長編小説を!!!

 

やっぱり会話形式ブロガーとして頑張ります!

 

お帰りなさい