MENU

プロとアマの違いはここに書いてある!「いますぐ書け、の文章法」(堀井健一郎著)

プロとアマの違いは、「客のことを考えて書いているかどうか」

文章術の本を最近読んでいるのだが、
「いますぐ書け、の文章法」は読み易くて良かった

 

この本の内容を一言で表すとするならどんな内容なんですか?

 

「あなたは読者のことを第一に考えて、文章を書いていますか?」

 

好き勝手書いてる当ブログからしたら、耳が痛いですね

 

プロとアマの違いは、「客のことを考えて書いているかどうか」
という違いであって、文章力とかそういう問題ではないと言っている

 

ブログで言えば客=読者ですね。

 

しかし「読者のことを第一に考えて文章を書く」って結局どういうことなの?
と思うブロガーも少なくないだろう

 

そうですね

 

お客さんファーストな文章を書く技術は、
「いますぐ書け、の文章法」で細かく書かれているのだが、その中でも印象に残った部分を紹介していこう

 

賢い自分アピールをなくせ。

まず面白かったのは、「賢い自分アピールをするな」というものだった

 

ねえ知ってる?ねえねえ!みたいな感じで話しかけてくる人って確かにウザいですよね

 

知識をひけらかしたい一心でブログを書きたいならそれでもいいが、
そういう自己中心的なブログはあまり読まれることのなく埋もれていくだろう

 

昔、自分の上手く打てた麻雀牌譜を並べては、
ただただドヤる痛々しいブログを書いていたこともありますが、
案の定読む人が少ないままブログも書かなくなっていきました

 

漢字を減らせ、改行を増やせ

小手先ではあるが、読者のことを考えて書く例として
「漢字を減らせとか、改行を増やせ」というものがある

 

ブログの内容にもよりますが、不特定多数の人に読んでもらいたい場合は、
なるべく表現を簡単なものにすると良いと思います

 

先程述べた、自分賢いアピールをしがちな人は、難しい漢字を使いたがる傾向にある

 

四字熟語とかことわざも使いがちですよね

 

書いている自分は、その言葉を使おうとしたんだからそりゃ読めて当然だが、
読み手からすればこの漢字ってどう読むんだっけ?どういう意味だっけ?
と思いながら読まねばならなくなった時点でその文章を読む気は失せてしまう

 

学生だった頃、読まされた論文に旧字体が出てきて、
一気に読む意欲が激減したことがありますが、それと同じですね

 

対象読者は、不熱心な読者

どんな人にこのブログ記事を読んでほしいかを考える際、
自分の記事をふんふんと頷きながら読んでくれる真面目な読者を思い浮かべてはならない

 

真面目に読んでくれる読者は非常にありがたいですが、
読者の多くは検索流入からやってきた方ですもんね

 

長文を見ると、うわってなる読者。簡単そうな漢字でも読めない読者。
当ブログ主に恋をした女子高生

 

願望を混ぜないでください

 

そういった常連さんではない不熱心な読者に対して、
いかに「面白いな」と思わせるか。 それを考えて文章を書くのがプロなのだ

 

考えた結果として、漢字を減らしたり改行したりといった工夫が生まれてくるんですね

 

笑わせたいという目的で文章を書くと、自然と客のことを意識できるので非常に楽

あなたが文章を書いて、人に読んでもらう目的は何だろうか

 

自分の持つ知識を共有したい。自分の愚痴を公開して誰かに見てもらいたい。
商品を売り込んで収益を得たいなど様々ですね

 

だが、どの目的も「客のことをちゃんと意識して書く」というのが、なかなか難しい

 

自分の持つ知識は、読者のニーズに合っているかどうか。
自分の愚痴を書き殴っただけで読みづらくなってないだろうか。 
商品を売り込みたくてサイト自体が怪しい感じになっていないだろうか

 

そこで、もしブログをこれから始めたいけど、まだ書く内容が定まっていない 
という人は、「人を笑わせる」という目的で文章を書いてみてはどうだろうか

 

笑わせることが目的なら、賢い自分アピールや、
読みづらい文章を書いてしまうなどの失敗を自然に回避できそうですね

 

「いや、文章で笑わせるってそんなの無理だろ!」って思うかもしれないが、
まずは「このブログ面白いな」と思えるブログを探して形式などを真似るといいだろう。

 

www.lazyandshortest.com

 

 

個人的には、ミニマニストを煽るしゃどみさんのブログとかは、面白くて何度も読みました。

syadmi.hatenablog.com

しゃどみさんはもう引退しちゃったけどな。現役で面白いブログというとなかなか難しいな・・・ 

 

現役で面白いブログというとなかなか難しいですね

 

「ニートと駄弁る部屋」とかは毎日更新してるのにクオリティ高くて面白いのでおススメ

 

・・・・・・