MENU

「しないことリスト」pha著 のここが面白かったまとめ

図書館でphaさんの「しないことリスト」を借りてきた

 

 

www.lazyandshortest.com

 

面白かった部分を独断と偏見で選んでまとめていきますのでご了承下さい

 

どんな本?

世の中、するべきことの情報多すぎ! 情報の渦! 

 

ライフハックに支配される前に抜け出そうみたいな感じですね。

 

www.lazyandshortest.com

 

この本はそんなライフハック社会において、
元日本一のニートであるphaさんはこう考えているというのが分かる本だ

 

買い物をしないとか、家賃を払わないなどのお金関係や、
感情を殺さないなど、ユルい生き方について幅広く言及しています

 

実はブログ書けないブロガーにおすすめ

ただ、俺が参考になったのはゆるい生き方ではなく、
phaさんが時々語ってるブログ論の方だった

 

最強のニートブロガーであるphaさんが、どうやってブログを運営していたのかは気になりますね

 

気に入った部分を引用していこう

 

引用した分は、若干改変してます。

 

ブログを書く動機

ブログはあくまで自分のために書く日記というスタンス。
ノートに書いて自分一人しか読まないものだと、広がりがなくてつまらないから、ネットで公開してみている

 

俺もブログを書く前、自分の生きた証みたいなのを残したくて
日記を書こうと何度か試みていた

 

ノートを新しく買っては、挑戦してました

 

でも日記は全然続かなかったんだよね。1週間も持たなかったと思う

 

忙しかったりすると書くの面倒になっちゃうんですよね

 

なので、phaさんのいう、日記だとつまらないという感覚はなんとなくわかる

 

ブログも続かない人は多いと思いますが、日記よりかは続くかなという感じです

 

当ブログも日記ブログのようなものなので、このスタンスでやってくのが一番良いんじゃないか

 

お金を稼ぐとか、目標○万PVとかはちょっと合ってなさそうですもんね

 

www.lazyandshortest.com

 

インプット術

本を読みっぱなしにしない
メモを取れば後で本を読み返さなくても思い出すことができるし、手を動かしてメモを取ることで記憶にも定着しやすくなる

最近文字を書くという行為をしてなかったので、ハッとさせられた

 

中学の頃に漢検2級とってましたけど、今は全く書ける気がしないです

 

一応ブログ書くためのインプットという名目で、
動画を見たりブログを読んだりはしてたけど確かに読みっぱなしにしてたなあ

 

インプットが雑過ぎたって感じですね

 

知識を知っているか活用できるかは全然違う
活用したいなら自分の言葉でその情報を説明してみるのがオススメ

 

積み立てNISAについて知っているという状態よりも、
ブログで積み立てNISAについて解説してみたほうがその情報をより理解できるようになる

 

教えるのもいい勉強になるってやつですね

 

www.lazyandshortest.com

 

ブログの書き方

最初にノートにアイデアを書き出して、まとまってきたらパソコンに打ち込む

 

俺のブログの書き方は今まで、 

 

1なんか閃く

2閃いた熱意が冷めないうちにパソコンで打ち込む

3会話が浮かんだら成功。 浮かばなかったら失敗。ストックが尽きる

 

という感じだった

 

計画性のかけらもないブログ運営です

 

でもブログを書く前に、いったんノートに書くのはありかもなあと

 

ちょっと時間かかりますけど、安定してブログが書けるようになるならいいですよね

 

でも本当は下書きとか推敲とかそういうの無しで、ブワーっと書きたい。

 

ブワーっと書いた結果が、当ブログの残念な文章力、チラ裏レベルの内容につながってるんですよ

 

アイデアを出す方法

資料を集めて、読んで、いったん完全に忘れた後に、良いアイデアが降って来るらしい

 

一旦完全に忘れるところがミソみたいです

 

でもなー。やっぱり調べた後が一番熱意をもってかける時なんじゃないのかなーって思う訳よ

 

SLAVEさんの曲にハマってから半年後とかに、SLAVEさんのを薦める記事とかを書けるかというと微妙ですね

 

www.lazyandshortest.com

 

ただ俺自身、インプット量が明らかに足りない気はしている
ちょっとブログを休んでインプットに1年くらいかけるのもありなんじゃないかと

 

すぐ休もうとしないでください。

 

その他、気に入った点

ブログのことばっかりなのもアレなので、その他で気に入った点も述べていく

過去にとらわれて間違った方向に進み続けてしまう。

人間にはそういう傾向がある 間違ったと思ったらすぐ方向転換したほうがいい

 

これは結構ありがちだと思う

 

5000円だしてゲームを買って、大して面白くなかったと感じても
「5000円出したからすぐやらなくなるのはもったいない」
と思って半分嫌々で続けちゃうみたいな感じですね

 

すぐやめても、続けても買ってしまった5000円は戻ってこない。
それなら嫌々やって時間を浪費するより別の楽しいことに使ったほうがマシ。
と考えるべきなんだよな

 

成功をおさめたらいったん手放す

一度成功を積んでしまうと、その成功状態を維持しようとして
他のことにチャレンジしづらくなるということがある

 

人生常に敗北者の私たちには無縁そうな話ですね

 

いや、そんなことはない。例えばあるスマホゲームで、ギルドマスターという地位に就いたとしよう

 

一つのギルドをまとめるリーダー的なポジションですね

 

ギルドマスターになるためには、キャラが強くないといけないし、そのためには課金とプレイ時間が必要。
課金と膨大なプレイ時間でようやくギルドマスターになれた

 

何も能力のない凡人でもゲームの世界なら、成功することができるんですね

 

しかし、そのスマホゲームに飽きてしまったとしよう

 

ぶっ壊れキャラが搭載されて、しかもそのキャラを出すためには10万円とか必要になったりして飽きたとしましょう

 

その時、そのゲームをやめられるのか?   
本来なら楽しめないならもうゲームをプレイする価値はない。

 

今止めたら、ギルドマスターの地位が・・・

 

そういうことだ。我々凡人にも成功を手放すべき時がくるのは、そう珍しくないのだ

 

過去のコストにとらわれやすい性質とも重複しやすいですよね。
これまでの努力が水の泡っていう風に考えてしまうかもしれません

 

予定を守らないことは楽しい

学校をさぼった日はどことなく背徳感でワクワクした覚えはないだろうか

 

いつもの自宅なのにどことなく空気が違う感じがしますよね

 

予定を守るのは社会人として当たり前。という考えの人もいるかもしれないが、
予定を守らないのは楽しいのだ

 

まあニーさんは予定とか、特にないんですけどね

 

ブログを毎日更新しますといいながら、ブログを更新しないとか。

 

すぐブログ書かない言い訳をする

 

引退しますといいつつ、全然引退しないとか

 

それSLAVEさんじゃないですか

 

「何の役に立つか」を考えない

俺が女子中学生の頃は、「これ楽しそう!」ってだけで何かを始めていた気がする

 

麻雀漫画を面白そうと思って読んで、麻雀楽しそうと思って麻雀牌をその日に買ってきたりしてました

 

しかし今はおっさんになってしまったので

 

女子中学生だったんじゃないんですか?

 

妹氏がスルーするから・・・

 

おっさんになってしまったので、楽しさだけで行動できなくなってしまったんですね

 

そう。このゲームには3000円の価値があるかとか。
このゲームをやってもなんか現実で有名になれるわけじゃなさそうとかそういうことを考えてしまう

 

さもしい大人になってしまった感じですね

 

でも成功しようが,どうせいつか死ぬんだから、
自分がやりたいってものをやればいいんだよなと思う

 

やりたいことはやりきったと思える人生が理想ですね

 

長文失礼

なんかおすすめポイントを挙げてたら長くなったな

 

普段1000文字くらいのブログしか書いてないのに、急に3000文字とかどうしたってなりますよ

 

結構こういう本を読んでまとめるの面白いなと思ったから、今後も続けていくかもしれない

 

phaさんの文章は相変わらずやさしい感じで、読み易かったです。
生き方に悩んでいる人は一度読んでみることをお勧めします